ラジコン入門

ラジコンヘリコプターとラジコン飛行機の違い

ラジコンヘリコプターとラジコン飛行機の違い

ラジコンのヘリコプターと飛行機は、全く違います。
特に大きな違いなのは、離着陸をするときです。 飛行機は前に進むことしかできないので、離陸や着陸をするときには、滑走路となる広いスペースが必要になります。
一方のヘリコプターの場合には、真上に飛ぶ垂直飛行をすることが可能です。
このため、離陸時や着陸時に滑走路となる広いスペースは必要ありません。 滑走路を取ることができない狭くて窮屈な場所でも、離着陸をすることができるのです。 また離着陸以外のときでも、ラジコンのヘリコプターや飛行機には大きな違いがあります。 その違いとは、航続時間です。
ラジコンの飛行機は、エネルギーをヘリコプターほど消費しません。 プロペラと翼がついているので少ないエネルギー消費で飛ぶことができるので、航続時間が長くなります。 ラジコンのヘリコプターの場合には、モーターでエネルギーを供給しなければいけません。
そのためラジコンの飛行機よりも、ヘリコプターは航続時間が短くなります。

ラジコンの概要とその歴史

ラジコンというのは無線により遠隔操作する装置、及びその方法を表す単語であります。
元来この単語はあくまで商標登録されたその一つであったものの、現在ではほとんど一般名詞化しております。
命令信号としては電波、光、超音波などが使用され、信号を利用することにおいては周波数という概念も無視できません。
日本にはラジコンの安全操作に関わる統括団体が存在しており、周波数別に5種類の区分が為されております。
永らく娯楽や産業の用途で利用された機器として周知されており、産業用の例として建設用のクレーン車や農薬撒布用のヘリコプターなどが存在する一方、自動車や飛行機の模型といった製品が娯楽用に親しまれてきました。
目視できる範囲内でないと命令信号を伝達することが不可能であるため、数十から数百メートル程度のごく近距離での操作が主流であります。
その性質上、空中や危険な場所での作業、河原や公園など広場での娯楽に利用される場合が少なくありません。
そもそもラジコンは軍用の標的機、誘導弾として開発された経緯があり、日本の場合は実用における黎明を語るとなると昭和初期までさかのぼります。
戦後には民間にその技術が波及し、1955年になると前述のように商標登録されてホビー用品として広く知られるに至りました。
現在では乳幼児に向けた玩具として、ボタン一つ程度の操作で使用できる極めて簡易的な製品も存在します。
個人で産業用の製品を購入することも可能であるものの、兵器への転用が可能であるという観点から厳しい規制が為されており、それを念頭に入れる必要があります。


check

豆腐 通販
http://www.rakuten.co.jp/jukusei-toufu/
クロス張替えの激安ショップ
http://www.rakuten.co.jp/kurosusyokuninkobo/
桜井市 賃貸
http://www.chintaikan.com/
洗面ボウル
http://www.ceraty.jp/
日芸
http://nichigeigoukaku.jp/

Last update:2015/8/4

 

 


→TOP

Copyright(C) 2009 ラジコン入門 All rights reserved.